インターネット世界の善悪


壮大なタイトルを付けてしまいましたが、そんなに大それたことを書くつもりはありません。というか書けません(笑)。 ここのところ、児童ポルノ法改正(というよりは性犯罪全般)について思うところを書いてきました。その中で、いやその前から疑問に感じていたことをちょっと整理してみたいと思います。と言っても私の専門は法律ではありませんので、IT屋の視点で書いてみたいと思います。という訳でこんなタイトルを付けてみました。

【ネット社会の弊害】

いきなりデメリットからの整理です。これがデメリット?と思うこともあるでしょうが、最後まで読んでいただければ、私の意図していることは分かっていただけると思いますので、できれば最後までお付き合いください。

1.物の入手の容易さ

インターネットが広まる以前、私達は何かを買おうとする時には店に出向き、店主と顔を合わせなければ欲しいものを入手することはできませんでした。そこには間違いなく「社会全体でのチェック機能」が存在していたのです。法律やルールではなく、個々人のモラルや、毎日のように顔を合わすことで培われた信頼関係からなるチェック機能が。インターネットが市民権を得、子供でも普通に利用する時代になり、誰とも顔を合わせることなく欲しいものを入手できるようになってしまいました。「本来その人が入手すべきでないもの」を手に入れてしまうことを殆ど誰も止められなくなってしまったのです。

2.匿名性

ネットの悪い点としてよく語られることですが、匿名であるが故に暴言を吐き、相手を傷つけることを平気で書くという行為はあちらこちらで見受けられます。自分が匿名であるということはもちろん、相手も匿名であるが故に「顔が見えない」=「相手の受けた感情(ダメージ)を推し量ることができない」ということとも無関係ではないでしょう。

3.集合愚

集団であることで、暴力性を増し、歯止めが効かなくなる。これはリアルの世界でも起きることです。これがネット上になるとよりたちが悪くなります。それは2.の匿名性が加わることで、「これ以上やったらまずい」という一線を越えやすくなってしまうからだと思います。また、リアル社会では集合愚を発揮するような人数が集まる、というのはそれ程簡単なことではありません。でもネットの中では、一瞬にして膨大な数の人が集まることができてしまうのです。場所・時間を問わずに。

4.既存文化、芸能の弱体化

1.から3.とはちょっと毛色が違いますが、これも大きな問題です。実際に見聞きしないとその良さが伝わらないものというのはたくさんあるはずです。また、不正なコピー等で正当な対価を払うことなく文化的、芸術的価値のあるものを入手してしまうことで、オリジナルの作者が本来得られるべき報酬が得られなくなってしまい、活動が困難になってしまっている人も多々見受けられます。

【ネット社会の利点】

次にメリットです。

1.物の入手の容易さ

ネットがない頃、政治、法律、医療 そういった専門分野の知識を得るためには相当な労力、対価を払わなければなりませんでした。図書館に行き、本屋に行き、それでも見つからなければ本屋で取り寄せをしてもらい、そこから何日も待たされる、というのは当たり前でした。それが今では、検索すれば一瞬でほぼ全ての情報を入手でき、専門書の注文も家から簡単にできてしまいます。こういったことにより、今までは一般市民では知りようのなかった情報を入手することができ、その情報をもって改善を訴えたりといった活動へも繋がっているのだと思います。

2,匿名性

悪い点ばかりが注目を集めますが、必ずしもそうではないと思います。ネットのない頃は、例えば自分の考えを主張しようと思えば、街頭に立ったり、どこかに手紙を送ったりといった方法しかありませんでした。でも主張したい内容によっては顔を出すこと、住所を知られることをためらわれるようなこともあるはずです。そのために主張を諦めてしまっていた人は多いのではないでしょうか。ネットでは自分の意見を誰でも発信することができます。顔を見られずに。

3.集合知

自分一人では解決できないことがある、誰かの意見を聞いてみたい、そもそもどこに聞けばいいのかすら分からないことがある、そういったことを解決する力がネットにはあります。世界中の人からすぐに聞くことができるのです。ネットなしでは考えられないことでした。Wikipediaのようなものがあること、これはとでも素晴らしいことだと思います。人の知恵、経験、そういったものが詰まっているのですから。一人では一生かけても得られないようなものが。

4.新しい文化、芸能の拡大

インターネットによって、誰でも自分の作品(写真、動画、音楽 なんでもです)を世に出すことができるようになりました。そこから新たな文化、芸術が生まれはじめています。見る側にとっても、自分のお気に入りの人を見付ける楽しみだったり、将来大物になりそうな人を探したりといったことがほとんどお金をかけることなくできるようになったのです。

メリット・デメリットに分けて書いてみましたが、私はどちらも切り離せないものだと考えているのです。正に表裏一体です。悪い点ばかり誇張すること、良い点ばかり吹聴すること、どちらも正しくないような気がします。デメリットを理解した上で、メリットをいかに活かすか。こういう考え方っていうのは別にネットに特化したものではないはずです。普通に生活していれば、仕事をしていれば、色んなところで善悪両面を持つものに出会っているはずです。でもそんなに大きな問題にはなっていない。それは自然とメリット・デメリットを自分で判断しているからではないでしょうか。ネットだからといって特別な考えが本当に必要ではないはずです。

「ネットは怖いもの」間違ってはいないと思います。「ネットは便利なもの」これも当然間違っていません。私はいわゆるITの職に就いていますので、ネットへのアレルギーみたいなものはあまりありませんが、でもコンピューターを殆ど触ったことがない人と同じぐらいに「怖い」のです。自分が傷つけられること、知らないうちに他人を傷つけてしまうこと、やっぱり怖いです。だからといってネットには捨ててしまうにはもったいない利点がたくさんあることも知っています。怖がることは恥ずかしいことじゃないと思います。怖さを忘れて、人を傷付けることに鈍感になってしまうことが恥ずかしいことなのだと思います。上手に付き合っていくためには、良い面だけでなく悪い面も知っておかないといけません。そのための教育等はやはり必要なのかも知れませんが、「ネットだから」ということではなく、「人として」の部分をもっと教えるような教育が。

我々のような仕事に携わっている人間は、皆がより良い環境でネットを使えるようになるための何かしらのお手伝いができる立場にあること、逆に悪い面ばかりを引き立たせてしまう可能性のあること、肝に銘じておかなければいけないのだと思います。

TB:http://manysided.blog85.fc2.com/tb.php/31-49d86fd0

広告

2件のコメント »

  1. 多面体 said

    こんばんは。拙ブログへのコメントありがとうございます。
    わたしも、ネットがこれだけ普及したのに、ネット社会への対応というか意識はきちんとその分ついていっていないのが問題なのでは、と思ってきました。
    技術もそうですが、意識の問題も大きいですよね。

    少し気になったのですが、セキュリティや、PCに関する捜査に関しては私は詳しくないのですが、仮に違法物がメール等で送られてきて、すぐ通報するなり削除する(表面上は消えても完全に消えないのは承知ですが)なりすれば、身の潔白の証明は可能なのでは?と思ったりしていました。いつ受信して、いつ削除したかは、私たちが「プロパティ」で把握できる以上に把握できると聞いたことがあります。
    他にも色々なパターンがあるようですが(アクセスしたとたんにトラップ等)、それも何とかなるのでは?と勝手に思ったりしています。

    そのあたり専門家のご意見を伺いたいところです。

    意識・・・これはブログを始めて余計に痛感しましたね。ネットだからこんなになれるのだろうか?実生活は?と思いを馳せてしまいます。意識のことは自戒をこめて肝に銘じます。

    素敵なエントリをありがとうございました。

    • Fumitaka Matsuzaki said

      こんばんは。コメントありがとうございます。

      そうですね。PC内にある画像がどこから送られてきたものなのか、どのサイトを閲覧した時に紛れ込んだものなのかは判別できます。ただ、例えば別の場所から別のメールアドレスで自分宛に送った場合まで考えると(そこまで警察がやるのかはわかりませんが)、メール等の出所まで調べる必要があるのかもしれません。情報としてはそのメール等が経由しているサーバーに残っていますので、技術的には調査することはほぼ可能だと思います。
      なので、個人的にはプロバイダー責任制限法の改正も必要なのではと思っています。

      近いうちのこういうことをまとめたエントリ書いてみます。

RSS feed for comments on this post · TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。