いい加減に目を覚ませ


日本レコード協会が、インターネット上における音楽著作物の違法流通対策などを周知するため、記者懇談会を開催したらしいです。

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20397569,00.htm

その中でこんな発言が掲載されていました。

「個人のダウンロード行為が社会正義に反しているということではなく、それらが積もることで権利者などに悪影響を与えているということ。」

・・・なんでこういう言い方するかね。明らかに不当だ手段で報酬を得ているサイト等は「社会正義に反しているから」違法で、個人利用を目的としている場合は「社会正義に反していないから」合法なんだよね、本来は。こんな言い方するから議論がおかしな方に行くんだよ。問題定義能力とその説明能力がなさ過ぎ。今に始まったことじゃないけど。

あとさ、今回の懇談会とは直接関係ないけど、違法DLによる損害がうん億円とかいう話はそろそろやめた方がいいんじゃないかな?

理由:

  1. 金額の問題じゃない。
  2. 違法DLが完全になくなったとして、その金額がそのまま合法的な購入手段に流れる訳じゃない。
  3. 違法であれ、プロモーション的な効果があることは無視できない。つまりプラスの効果もあると思われる。

から。正規のルート以外でDLする人のほとんどが、「タダだから」DLしている。お金を払ってまで欲しくはないけど、タダなら貰ってやってもいいか、っていう感覚なんじゃないかな?

いい加減、もうちょっと前向きな議論して欲しいな。違法サイトからのDLや、P2P等でのファイル交換での「プロモーション効果」ってどの程度試算されてるんだろう。お互いにプラスになるような結果ならそれをどうやって合法的に行うかに議論の主軸を移す時が来てると思うんだけど。っていうか今からでも遅いぐらいなんだから。

結局、未だにパッケージが数百万枚売れてた時の幻想が忘れられない人達が議論してるからこんな話になっちゃうんだよ。そんな時代はもう二度と来ないよ。既得権益とかそういうレベルじゃないよね、ただの幻想なんだから。

こういう会議とかって毎度思うけど、誰のためにやってるのか全然分からない。誰が得するんだろ?権利者?利用者?消費者?誰も得しないように思えるんだよな。「権利者保護」を掲げたいなら不正DLによるプラス効果も試算・公開した上で、どの程度のマイナスなのかちゃんと説明しないと誰も納得しないよ。

そろそろ目を覚ました方がいい。でないと本当に日本のコンテンツビジネスはダメになるよ。

広告

1件のコメント »

  1. ブログへのコメントありがとうございます。
    著作権の問題もそうですが、「誰のための」「何のための」
    制度や規制なのか、目的に立ち返ることが必要だと感じます。
    特に複数の人が関わり、利害が対立する時には、
    ここを明確にしないと、誰の利益にもならないものに
    なってしまうのではないでしょうか。

RSS feed for comments on this post · TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。