Posts Tagged インターネット

似非評論家

夏休みで休んでいる間はネットはほとんど見なかったのですが、その代わりにテレビのニュースを見たりしていました。休み明けの今週になって、改めて先週の出来事とかをネットでも見たりしたのですが、今までなんとなっく感じていた違和感の正体が見えたような気がしました。自分でブログを書くようになり、それまで以上に他人のブログやそこに寄せられるコメントを関心を持って読むようになりました。そこでずっと違和感を感じていたのですが、その違和感の正体が何なのか自分でも分からずにもやもやした感じが続いていたのです。その正体は「似非評論家」。

先週は、薬物関連のニュース、選挙関連のニュース、選挙にも絡めて戦争関係の話等がとても多く報道されていたような気がします。時事ニュースということで、その辺りのことを書いているブログやコラムを今週になっていくつか読んでみた(そこに寄せられたコメントも)のですが、ちょっと気持ちが悪くなるような内容が多く、非常に陰鬱な気持ちになりました。何が嫌かって、事情通気取りで人の「感情論」を論破するような内容のものが非常に多かったからです。こういう人達って、何かを伝えたいとか、自分のために整理したいとかそういう意図があまり読み取れなくて、「俺ってすごいだろ?こんなこと知ってるんだよ。」みたいな内容なんですよね。そこまでなら、まぁ、個人の趣味ですから勝手にしてくれればいいんですけど、相手を思いやることのないコメントとかは本当に気分が悪くなりますね。

最も酷かったのが、原爆記念日の広島市長のコメントに対するもの。「核兵器が世界平和に貢献している」という論調のものがいくつかあり、しかも市長を「偽善者」呼ばわりですよ。要は、「核兵器があることによって戦争が減っているのだから核兵器根絶とか言うな」ってことみたいです。最もらしい数字とかを並べて、正に評論家気取り。本心かどうなのかは分かりませんが、「こういうところまで考えてる俺はすげー。核兵器による被害だけを見て物言っているやつらは視野が狭い。」みたいな論調。本気で吐き気がする。

今まで本ブログでも書いてきた児童ポルノを含む性犯罪のことでもそう。「まぁまぁ、気持ちは分かるんだけど大人はもうちょっと広く考えなきゃいけないんだよ。」みたいな評論家然とした意見が多いこと多いこと。なんだろ?ブログとかは小難しく書かないといけないルールでもあるのかな?もしくはブログ主を論破したら賞金出るとか?(笑) 「自分の言葉」を発してる人がとても少ないし、他人の言葉を借りている人達ほど自分の言葉を発している人を攻撃する傾向があるように感じます。なんでこういう思考になるのかは全く理解できないですね。賢そうに見えるとでも思ってるんですかね?賢そうに見えることにどんな意味があるのか分からないし、そもそも賢そうには見えないんですけどね。

物事を広く捉える必要があるのはわかります。一つの事象にとらわれすぎることはマイナス要因となることもあるでしょう。でもね、実際の被害者(核兵器のであれ、犯罪者のであれ)の方々の気持ちも考えないと「広い視野で考えている」ことにはならないんですよね。こうやって書くと本当に当たり前のことなんですが、当たり前のことが考えられていない人があまりに多いのです。そこに吐き気を覚える。

当たり前のことをあえて書きますけど、他人との繋がりなしでは生きていけません。そして、人と人を繋ぐのは「感情」だと思うんです。愛情、友情、憎悪みたいなものも含めて。本来、法律とかルールっていうのは愛情・友情といった良いとされる感情を守り、憎悪・征服欲といった悪い感情を抑えるために作られるべきものだと思います。なのに、人の感情を無視して作った法律、ルールにどんな意味があるのでしょうか?他人の気持ちを考えられない人は、どんなに知識があっても決して聡明とは言えません。感情の無い、血の通わない法律では何も守ることができません。「怖い」「辛い」「悲しい」という声に真剣に耳を傾ける必要があるんじゃないでしょうか。

上でいくつか例をあげる際に「俺は」って男性一人称で書いたのはわざとです。私はあまり男女間の差異について述べるのは好きではないので、こういう内容を書くときは普通「俺は(私は)」とかって書くんですけど、今回はあえて「俺は」と書きました。これは、上で書いたような似非評論家は圧倒的に男性に多いから。というより私が見た限りでは男性しかいませんでした。世の男性が全てそういう人ではないし、女性にそういう人がいないということもないでしょうが、とにかく圧倒的に数が違うんです。とても残念ですし、だからこそ思うんです。男性でも、ちゃんと気持ちを考えることができる人の方が多いはずなんですから、そういう人達にもっと声をあげてもらいたい。当たり前のことを当たり前に言うことは別に恥ずかしいことじゃないですから。

あわせて読みたい:http://manysided.blog85.fc2.com/tb.php/32-d87e71a6

広告

Comments (10)

インターネット世界の善悪

壮大なタイトルを付けてしまいましたが、そんなに大それたことを書くつもりはありません。というか書けません(笑)。 ここのところ、児童ポルノ法改正(というよりは性犯罪全般)について思うところを書いてきました。その中で、いやその前から疑問に感じていたことをちょっと整理してみたいと思います。と言っても私の専門は法律ではありませんので、IT屋の視点で書いてみたいと思います。という訳でこんなタイトルを付けてみました。

【ネット社会の弊害】

いきなりデメリットからの整理です。これがデメリット?と思うこともあるでしょうが、最後まで読んでいただければ、私の意図していることは分かっていただけると思いますので、できれば最後までお付き合いください。

1.物の入手の容易さ

インターネットが広まる以前、私達は何かを買おうとする時には店に出向き、店主と顔を合わせなければ欲しいものを入手することはできませんでした。そこには間違いなく「社会全体でのチェック機能」が存在していたのです。法律やルールではなく、個々人のモラルや、毎日のように顔を合わすことで培われた信頼関係からなるチェック機能が。インターネットが市民権を得、子供でも普通に利用する時代になり、誰とも顔を合わせることなく欲しいものを入手できるようになってしまいました。「本来その人が入手すべきでないもの」を手に入れてしまうことを殆ど誰も止められなくなってしまったのです。

2.匿名性

ネットの悪い点としてよく語られることですが、匿名であるが故に暴言を吐き、相手を傷つけることを平気で書くという行為はあちらこちらで見受けられます。自分が匿名であるということはもちろん、相手も匿名であるが故に「顔が見えない」=「相手の受けた感情(ダメージ)を推し量ることができない」ということとも無関係ではないでしょう。

3.集合愚

集団であることで、暴力性を増し、歯止めが効かなくなる。これはリアルの世界でも起きることです。これがネット上になるとよりたちが悪くなります。それは2.の匿名性が加わることで、「これ以上やったらまずい」という一線を越えやすくなってしまうからだと思います。また、リアル社会では集合愚を発揮するような人数が集まる、というのはそれ程簡単なことではありません。でもネットの中では、一瞬にして膨大な数の人が集まることができてしまうのです。場所・時間を問わずに。

4.既存文化、芸能の弱体化

1.から3.とはちょっと毛色が違いますが、これも大きな問題です。実際に見聞きしないとその良さが伝わらないものというのはたくさんあるはずです。また、不正なコピー等で正当な対価を払うことなく文化的、芸術的価値のあるものを入手してしまうことで、オリジナルの作者が本来得られるべき報酬が得られなくなってしまい、活動が困難になってしまっている人も多々見受けられます。

【ネット社会の利点】

次にメリットです。

1.物の入手の容易さ

ネットがない頃、政治、法律、医療 そういった専門分野の知識を得るためには相当な労力、対価を払わなければなりませんでした。図書館に行き、本屋に行き、それでも見つからなければ本屋で取り寄せをしてもらい、そこから何日も待たされる、というのは当たり前でした。それが今では、検索すれば一瞬でほぼ全ての情報を入手でき、専門書の注文も家から簡単にできてしまいます。こういったことにより、今までは一般市民では知りようのなかった情報を入手することができ、その情報をもって改善を訴えたりといった活動へも繋がっているのだと思います。

2,匿名性

悪い点ばかりが注目を集めますが、必ずしもそうではないと思います。ネットのない頃は、例えば自分の考えを主張しようと思えば、街頭に立ったり、どこかに手紙を送ったりといった方法しかありませんでした。でも主張したい内容によっては顔を出すこと、住所を知られることをためらわれるようなこともあるはずです。そのために主張を諦めてしまっていた人は多いのではないでしょうか。ネットでは自分の意見を誰でも発信することができます。顔を見られずに。

3.集合知

自分一人では解決できないことがある、誰かの意見を聞いてみたい、そもそもどこに聞けばいいのかすら分からないことがある、そういったことを解決する力がネットにはあります。世界中の人からすぐに聞くことができるのです。ネットなしでは考えられないことでした。Wikipediaのようなものがあること、これはとでも素晴らしいことだと思います。人の知恵、経験、そういったものが詰まっているのですから。一人では一生かけても得られないようなものが。

4.新しい文化、芸能の拡大

インターネットによって、誰でも自分の作品(写真、動画、音楽 なんでもです)を世に出すことができるようになりました。そこから新たな文化、芸術が生まれはじめています。見る側にとっても、自分のお気に入りの人を見付ける楽しみだったり、将来大物になりそうな人を探したりといったことがほとんどお金をかけることなくできるようになったのです。

メリット・デメリットに分けて書いてみましたが、私はどちらも切り離せないものだと考えているのです。正に表裏一体です。悪い点ばかり誇張すること、良い点ばかり吹聴すること、どちらも正しくないような気がします。デメリットを理解した上で、メリットをいかに活かすか。こういう考え方っていうのは別にネットに特化したものではないはずです。普通に生活していれば、仕事をしていれば、色んなところで善悪両面を持つものに出会っているはずです。でもそんなに大きな問題にはなっていない。それは自然とメリット・デメリットを自分で判断しているからではないでしょうか。ネットだからといって特別な考えが本当に必要ではないはずです。

「ネットは怖いもの」間違ってはいないと思います。「ネットは便利なもの」これも当然間違っていません。私はいわゆるITの職に就いていますので、ネットへのアレルギーみたいなものはあまりありませんが、でもコンピューターを殆ど触ったことがない人と同じぐらいに「怖い」のです。自分が傷つけられること、知らないうちに他人を傷つけてしまうこと、やっぱり怖いです。だからといってネットには捨ててしまうにはもったいない利点がたくさんあることも知っています。怖がることは恥ずかしいことじゃないと思います。怖さを忘れて、人を傷付けることに鈍感になってしまうことが恥ずかしいことなのだと思います。上手に付き合っていくためには、良い面だけでなく悪い面も知っておかないといけません。そのための教育等はやはり必要なのかも知れませんが、「ネットだから」ということではなく、「人として」の部分をもっと教えるような教育が。

我々のような仕事に携わっている人間は、皆がより良い環境でネットを使えるようになるための何かしらのお手伝いができる立場にあること、逆に悪い面ばかりを引き立たせてしまう可能性のあること、肝に銘じておかなければいけないのだと思います。

TB:http://manysided.blog85.fc2.com/tb.php/31-49d86fd0

Comments (2)

日本ユニセフとかなんとか

全く別内容のエントリを書きかけてたのですが、児ポ法改正に反対している人の根拠として日本ユニセフとかアグネス・チャンさんの存在をあげている方が多数いるようで、あまりに頭わりぃと思い(言葉悪くてすみません)、ちょっと書くことにしました。

法改正に反対する理由として、日本ユニセフと国連フニセフの関係とかアグネス・チャンさんの活動とかをあげてる人、結構いますよね?関係ないじゃん
ちょっと調べただけで事実と大分異なることを言ってる人もいるんだけど、この際ことの真偽はどうでもよくて、仮にアグネスさんが私腹を肥やしていたとして、それが反対の根拠になる意味が全然わからない。
例えば厚労省関連団体の天下り役人が私腹を肥やしているからって「あいつに甘い汁を吸わせたくないから社会保険とか国保を廃止しろ」っていう人いませんよね?それはそれで追求しなきゃいけないことなのかも知れないけど、それと法案の話は全然関係ない。

意見の対立とかはあるだろうし、正直言って理解できない意見も多いけど、なんとなくノリで反対してるヤツらよりはるかにまし。真剣に考える気がない、全く調べもせずに周りが反対してるからなんとなく反対してる、祭り気分でただ騒いでる、そういう奴らはとりあえず黙っとけ。

Comments (7)

私の意見を明確にしておきます

児ポ法改正に関して、私の考え(以前のようにアプローチの仕方等ではなく、改正そのものに対しての意見です)を述べておこうと思います。今までは、内容よりもその進め方やスポットの当て方についてこのブログや別の場所で述べてきました。そこがまず私の言いたいことだった訳ですが、内容についてどう考えているのかを今回は書いてみたいと思います。
「児ポ法」という枠からいきなりはみ出してしまいますが、インターネットへのわいせつ画像/動画(年齢問わず)のアップロード・ダウンロード(=電子ファイルでの所持ととらえてもらって構いません)を全面的に違法化してしまって良いのではないかと思っています。(どちらかと言えばわいせつ物公然陳列罪の改正になるのかな?)

理由としては、

  1. 児童に関わらず性被害全体の保護をもっと考えるべき。性的嗜好の1つである小児性愛についてのみ論じるからおかしな方向にいく。(何歳が児童か、とか。仮に13歳を児童としたら、14歳なら問題ないのか?甚だ疑問)
  2. 画像・動画をインターネット上に流すことでのセカンドレイプの被害は、表に出にくいため、実際には相当数の被害があるのではないかと考えられること。表に出にくいので想像だが、こうした被害はインターネットが市民権を得てから相当な増加をしているのでは?
  3. 主に男性の性的欲求を満たす目的であれば、インターネット上で手軽に入手できる必要性は特に感じられない(本屋やビデオ屋に行けばいい)
  4. 芸術的なヌードをどうするか、についてもインターネットに限ってしまえばそれ程大きな障壁にはならないと考えられる

何をもってわいせつ画像とみなすかについては、「家族アルバムで子供の裸が移ってたらどうするのか」みたいな反論が起きると思います。が、現実的に考えてください。家族連れの子供が裸になってたら公然わいせつで捕まりますか?ありえないですよね。
矛盾してるようですが、それでも冤罪は起きると思います。必ず起きると言ってもいいかもしれません。なぜなら殺人罪等の一級犯罪でも起きる訳ですから。警察・検察も完璧ではありません。だから、「冤罪をどう防ぐか」については、別枠で考える必要があるんじゃないでしょうか?冤罪を軽視は決してしていません。むしろ絶対になくさなくてはいけないものだと思います。でも、冤罪はどのような事件・法律でも起きているんです。重大だと思うからこそ、児ポ法に限定した議論ではなく、もっと幅広い議論が必要だと思います。

まずは、弊害の少ないインターネットへのアップロードを規制し、紙媒体については、もっと時間を掛けて範囲を明確にする必要があるのかもしれません。まずはできるところから。そして効果の大きいところから。というのが私の考えです。
※ちょっとしたアンケートを設置してみました。お時間のある方はぜひ。可能であればその理由をコメントしてもらえるとうれしいです。

こちらのエントリをまだ読んでない方はぜひ一読してみてください:
http://d.hatena.ne.jp/manysided/20090721/1248194453

コメントする