Posts Tagged 児ポ法

似非評論家

夏休みで休んでいる間はネットはほとんど見なかったのですが、その代わりにテレビのニュースを見たりしていました。休み明けの今週になって、改めて先週の出来事とかをネットでも見たりしたのですが、今までなんとなっく感じていた違和感の正体が見えたような気がしました。自分でブログを書くようになり、それまで以上に他人のブログやそこに寄せられるコメントを関心を持って読むようになりました。そこでずっと違和感を感じていたのですが、その違和感の正体が何なのか自分でも分からずにもやもやした感じが続いていたのです。その正体は「似非評論家」。

先週は、薬物関連のニュース、選挙関連のニュース、選挙にも絡めて戦争関係の話等がとても多く報道されていたような気がします。時事ニュースということで、その辺りのことを書いているブログやコラムを今週になっていくつか読んでみた(そこに寄せられたコメントも)のですが、ちょっと気持ちが悪くなるような内容が多く、非常に陰鬱な気持ちになりました。何が嫌かって、事情通気取りで人の「感情論」を論破するような内容のものが非常に多かったからです。こういう人達って、何かを伝えたいとか、自分のために整理したいとかそういう意図があまり読み取れなくて、「俺ってすごいだろ?こんなこと知ってるんだよ。」みたいな内容なんですよね。そこまでなら、まぁ、個人の趣味ですから勝手にしてくれればいいんですけど、相手を思いやることのないコメントとかは本当に気分が悪くなりますね。

最も酷かったのが、原爆記念日の広島市長のコメントに対するもの。「核兵器が世界平和に貢献している」という論調のものがいくつかあり、しかも市長を「偽善者」呼ばわりですよ。要は、「核兵器があることによって戦争が減っているのだから核兵器根絶とか言うな」ってことみたいです。最もらしい数字とかを並べて、正に評論家気取り。本心かどうなのかは分かりませんが、「こういうところまで考えてる俺はすげー。核兵器による被害だけを見て物言っているやつらは視野が狭い。」みたいな論調。本気で吐き気がする。

今まで本ブログでも書いてきた児童ポルノを含む性犯罪のことでもそう。「まぁまぁ、気持ちは分かるんだけど大人はもうちょっと広く考えなきゃいけないんだよ。」みたいな評論家然とした意見が多いこと多いこと。なんだろ?ブログとかは小難しく書かないといけないルールでもあるのかな?もしくはブログ主を論破したら賞金出るとか?(笑) 「自分の言葉」を発してる人がとても少ないし、他人の言葉を借りている人達ほど自分の言葉を発している人を攻撃する傾向があるように感じます。なんでこういう思考になるのかは全く理解できないですね。賢そうに見えるとでも思ってるんですかね?賢そうに見えることにどんな意味があるのか分からないし、そもそも賢そうには見えないんですけどね。

物事を広く捉える必要があるのはわかります。一つの事象にとらわれすぎることはマイナス要因となることもあるでしょう。でもね、実際の被害者(核兵器のであれ、犯罪者のであれ)の方々の気持ちも考えないと「広い視野で考えている」ことにはならないんですよね。こうやって書くと本当に当たり前のことなんですが、当たり前のことが考えられていない人があまりに多いのです。そこに吐き気を覚える。

当たり前のことをあえて書きますけど、他人との繋がりなしでは生きていけません。そして、人と人を繋ぐのは「感情」だと思うんです。愛情、友情、憎悪みたいなものも含めて。本来、法律とかルールっていうのは愛情・友情といった良いとされる感情を守り、憎悪・征服欲といった悪い感情を抑えるために作られるべきものだと思います。なのに、人の感情を無視して作った法律、ルールにどんな意味があるのでしょうか?他人の気持ちを考えられない人は、どんなに知識があっても決して聡明とは言えません。感情の無い、血の通わない法律では何も守ることができません。「怖い」「辛い」「悲しい」という声に真剣に耳を傾ける必要があるんじゃないでしょうか。

上でいくつか例をあげる際に「俺は」って男性一人称で書いたのはわざとです。私はあまり男女間の差異について述べるのは好きではないので、こういう内容を書くときは普通「俺は(私は)」とかって書くんですけど、今回はあえて「俺は」と書きました。これは、上で書いたような似非評論家は圧倒的に男性に多いから。というより私が見た限りでは男性しかいませんでした。世の男性が全てそういう人ではないし、女性にそういう人がいないということもないでしょうが、とにかく圧倒的に数が違うんです。とても残念ですし、だからこそ思うんです。男性でも、ちゃんと気持ちを考えることができる人の方が多いはずなんですから、そういう人達にもっと声をあげてもらいたい。当たり前のことを当たり前に言うことは別に恥ずかしいことじゃないですから。

あわせて読みたい:http://manysided.blog85.fc2.com/tb.php/32-d87e71a6

広告

Comments (10)

対立解消に向けて

色々なご意見を本ブログにいただいたり、他の方のブログへの投稿内容、コメント等を色々読んでみました。当初懸念していたような「根本的なところがずれている」意見はほとんど無いというのが率直な感想です。中には非常に残念なそして許容できないような内容のものもありましたが、本当にごく一部です。で、一番の論点になるのはやはり「どこまで規制すべきか?」ってことみたいですね。当たり前と言えば当たり前ですが、こうして意見を色々聞いたり読んだりした上で争点をもう一回整理したかったので、私的にはとてもすっきりしています。

普通ならここで細かいことへの賛否等を書くのでしょうが、それは他の有識者の方々にお任せし、もう一回争点を私なりの解釈でまとめてみたいと思います。こういう議論というのは今回の法案に関わらず、いつでもどんなことにでも起こりうる対立といいますか議論だと思いますので、争点を明確にした上でもう一度意見を聞かせてもらったり読んだりしたいと考える次第です。私結構しつこいんですwww

本ブログにお寄せ頂いたコメントの中に「お年寄りが『年寄りには席を譲れ!』と命令している姿を見かけました」という話がありました。多分こういうことなんだろうと思いながらも、個人的にはこの話だと例え話に不適切な感じがするので、私なりに例え話を考えてみました。暇な人は少しお付き合いください。

  • あなたは、急用のため車で目的地に向かっています。とても急いでいます。
  • 制限速度40kmの道で、目の前に20kmでトラックが走っています。荷物がたくさん積んであります。

という状況を想像してみてください。イライラしますよね。私も仙人じゃないんでやっぱりイライラします。でも、トラック側の考えをちょっと想像すると、「万が一事故を起こしたら大変なことになる。もしかしたら道を歩いてる人が巻き添えになるかもしれないし。」って思えますよね。私はこうやってイライラを押さえます。相手の事情を想像するんです。

でも、車を運転している側にも事情があります。病人を乗せているかもしれません。そういう場合にはさすがに相手を思いやる余裕は無くなります。困りましたね。こういう時に私はTOC(Theory Of Constraints)思考プロセスの対立解消図(雲)を書くようにしています。こんな感じですね。

200907290059.jpg

目的としては、「皆が快適に走行すること」で、そのためにはトラックの運転手は安全を守らなければならず、安全を守るためにはゆっくり走行しなければならない。車の運転手は病人を早く病院に連れて行かなければならず、そのためには急いで走行しなければならない。見事なConflictですね。

じゃあ、この対立をどうやって解決するかというと、全部の矢印についてじっくり吟味するんです。ただそれだけ。「本当に」その矢印が正しいのか、絶対なのかを考えるんです。ちょっとやってみます。

  • 「本当に」皆が快適に通行するためには、トラックは安全に走行しなければならない。
    • これはOKですよね?安全第一です。
  • 「本当に」トラックが安全に走行するためにはゆっくり走行しなければならない。
    • うん。これもOKな感じがしますね。ゆっくり走らないと安全は確保できないと思います。
  • 「本当に」皆が快適に通行するためには、病人を急いで病院に運ばなければならない。
    • これはOKですね。
  • 「本当に」病人を急いで病人に運ぶためには、急いで走行しなければならない。
    • これが怪しいですかね?事情があるので断言はできませんが、そのために救急車がありますからね。

この結論については異論もあると思いますが、そこが本題じゃないので先に進みます。この私の仮説が仮に正しいのだとすると、「救急車」というものがInjection(注入)されることによって対立が解消したことになります。こうやって対立構造を明確にし、整理することによって初めてその解決方法が見えてくるというのが私の考えです。整理しないで議論すると、Conflictしている箇所だけに目が行きがちで、その前提となる条件にConflict解消の鍵が隠されていることに気がつかない、ということはよくあることです。

今までの議論で対立点はもう明確になっている訳ですから、そろそろ問題を整理して対立解消へ向けて進みたいですよね。何が「救急車」となり得るのか、それをじっくり考えてみたいと思います。ここまで書いて申し訳ないのですが、私にはまだ何が「救急車」になり得るのかは見えていません。このブログとか他のところに書き込まれた意見も踏まえてじっくり考えたいと思います。

もし、このエントリを読んで少しでも共感してもらえたなら、是非試してみてください。そしてその答えとか、課程とかをコメントしてもらえるとありがたいです。私も考えがまとまったら改めてエントリをあげさせてもらいます。

政治家の方々もこういう風に理論立てて考えてくれるとありがたいんだけどな〜。政治家に必要な能力って実はリーダー的な資質よりもファシリテーター的な資質だったりするんじゃないかと最近特に感じますね。

Comments (2)

日本ユニセフとかなんとか

全く別内容のエントリを書きかけてたのですが、児ポ法改正に反対している人の根拠として日本ユニセフとかアグネス・チャンさんの存在をあげている方が多数いるようで、あまりに頭わりぃと思い(言葉悪くてすみません)、ちょっと書くことにしました。

法改正に反対する理由として、日本ユニセフと国連フニセフの関係とかアグネス・チャンさんの活動とかをあげてる人、結構いますよね?関係ないじゃん
ちょっと調べただけで事実と大分異なることを言ってる人もいるんだけど、この際ことの真偽はどうでもよくて、仮にアグネスさんが私腹を肥やしていたとして、それが反対の根拠になる意味が全然わからない。
例えば厚労省関連団体の天下り役人が私腹を肥やしているからって「あいつに甘い汁を吸わせたくないから社会保険とか国保を廃止しろ」っていう人いませんよね?それはそれで追求しなきゃいけないことなのかも知れないけど、それと法案の話は全然関係ない。

意見の対立とかはあるだろうし、正直言って理解できない意見も多いけど、なんとなくノリで反対してるヤツらよりはるかにまし。真剣に考える気がない、全く調べもせずに周りが反対してるからなんとなく反対してる、祭り気分でただ騒いでる、そういう奴らはとりあえず黙っとけ。

Comments (7)

私の意見を明確にしておきます

児ポ法改正に関して、私の考え(以前のようにアプローチの仕方等ではなく、改正そのものに対しての意見です)を述べておこうと思います。今までは、内容よりもその進め方やスポットの当て方についてこのブログや別の場所で述べてきました。そこがまず私の言いたいことだった訳ですが、内容についてどう考えているのかを今回は書いてみたいと思います。
「児ポ法」という枠からいきなりはみ出してしまいますが、インターネットへのわいせつ画像/動画(年齢問わず)のアップロード・ダウンロード(=電子ファイルでの所持ととらえてもらって構いません)を全面的に違法化してしまって良いのではないかと思っています。(どちらかと言えばわいせつ物公然陳列罪の改正になるのかな?)

理由としては、

  1. 児童に関わらず性被害全体の保護をもっと考えるべき。性的嗜好の1つである小児性愛についてのみ論じるからおかしな方向にいく。(何歳が児童か、とか。仮に13歳を児童としたら、14歳なら問題ないのか?甚だ疑問)
  2. 画像・動画をインターネット上に流すことでのセカンドレイプの被害は、表に出にくいため、実際には相当数の被害があるのではないかと考えられること。表に出にくいので想像だが、こうした被害はインターネットが市民権を得てから相当な増加をしているのでは?
  3. 主に男性の性的欲求を満たす目的であれば、インターネット上で手軽に入手できる必要性は特に感じられない(本屋やビデオ屋に行けばいい)
  4. 芸術的なヌードをどうするか、についてもインターネットに限ってしまえばそれ程大きな障壁にはならないと考えられる

何をもってわいせつ画像とみなすかについては、「家族アルバムで子供の裸が移ってたらどうするのか」みたいな反論が起きると思います。が、現実的に考えてください。家族連れの子供が裸になってたら公然わいせつで捕まりますか?ありえないですよね。
矛盾してるようですが、それでも冤罪は起きると思います。必ず起きると言ってもいいかもしれません。なぜなら殺人罪等の一級犯罪でも起きる訳ですから。警察・検察も完璧ではありません。だから、「冤罪をどう防ぐか」については、別枠で考える必要があるんじゃないでしょうか?冤罪を軽視は決してしていません。むしろ絶対になくさなくてはいけないものだと思います。でも、冤罪はどのような事件・法律でも起きているんです。重大だと思うからこそ、児ポ法に限定した議論ではなく、もっと幅広い議論が必要だと思います。

まずは、弊害の少ないインターネットへのアップロードを規制し、紙媒体については、もっと時間を掛けて範囲を明確にする必要があるのかもしれません。まずはできるところから。そして効果の大きいところから。というのが私の考えです。
※ちょっとしたアンケートを設置してみました。お時間のある方はぜひ。可能であればその理由をコメントしてもらえるとうれしいです。

こちらのエントリをまだ読んでない方はぜひ一読してみてください:
http://d.hatena.ne.jp/manysided/20090721/1248194453

コメントする

もう一度初めから考え直してみませんか?

他の方が書いた児童買春・児童ポルノ禁止法改正案に関するブログの内容、その内容に対するコメントを見ていてとても残念な方向に議論が行ってしまっているように思え、このエントリを書きました。(読みにくくなりそうなので、Blogのデザインも変更しました)
内容の是非や問題点等は色々な方が書かれていますし、現状の煮詰まり具合からすると、「皆がこぞって書き立てるぐらい法案には問題がある」という程度に止めておいて、別の視点で書いてみたいと思います。

初めに書いておきますが、老若男女関わらず、まともな神経の持ち主は児童の保護、さらにはもっと枠を拡げて「性的暴力等により基本的人権を損害されている人並びに損害される恐れのある人全員」をさまざまな形の「暴力」から守らなければいけない、ということに同意しているはずという前提で書いています。これに同意できない人はこの後の文書は読まないでください。多分そういう方とはどんなに話をしても意味がないと思いますので。

まず、なぜ私があえて枠を拡げて記載をするのかですが、こういった問題の根本に一度立ち返るべきじゃないかと考えるからです。被害者になりやすい(対抗すべき体力、知力が大人に比べて劣っている場合が多い)という意味では児童にスポットを当てることは決して間違っているとは思わないのですが、被害者の数でいえば児童とは呼べない年齢の方の方が圧倒的に多いということも考えると、児童を保護できればそれで良いといった類の話ではなく、もっと大きな枠で考え直さないといけないのではないかと思います。

ここからが本題です。話を進めやすくするために、私が書いたコメントをそのまま転記します。

私は全面的にポルノ禁止でも全然構わないですよ。(言っておきますが私はいい大人のいたってノーマルな人間なので、人並みに性欲はありますよ)
でもそれが良い落としどころだとは思いませんし、それが犯罪の減少という目的から見ても逆効果の可能性があることは分かっています。こういう私の意見に対して、ポルノ大賛成の人もいれば犯罪の抑止力になるから完全廃止っていう人もいるのでしょう。
だからこそ議論が必要。その点は大賛成。ただ、今回の件での論点が「どのように保護するか」から「どうやったら冤罪が免れるのか」に移ってしまったように感じることに違和感を感じる訳です。
極論すると(「極論」なので変な噛み付き方しないでね)「自分が(男達が)冤罪の危険にさらされるぐらいなら児童が被害にあっても構わない」と言ってるように聞こえる訳ですよ。どちらがより危険で、実際に被害件数が多いかを考えて、まずは最低限の保護をしましょうっていう落としどころは本当になかったのかな?っていう疑問を感じる、という話です。
「目的」と「目的を達成するための手段および目的達成のための弊害」をごっちゃにしちゃいかんでしょう。「目的」は見失わないように議論しましょうよ。

私がどうしても納得がいかないのは正にこの部分なのですが、つまりは冤罪を初めとする法案の「副作用」的な部分にスポットライトが当たってしまい、本来すべき議論がおろそかになっている印象を受けるのです。冤罪がどうでもいい問題だとは思ってはいません。でも、性的被害を受けるということは基本的な人権が踏みにじられているんですよ?人が人らしく生きる権利を奪う行為は殺人にも匹敵するぐらいのことだと皆が真剣に考えなくてはいけないことなんじゃないでしょうか?
「そんなことは分かってるけど、そのために自分が冤罪の被害にあってもいいのか?」っていう意見、多いですよね。よくはないですよ。でもそういう人達に同じように聞きたいです。「冤罪を防ぐためなら、あなたの娘、妻、恋人が性的犯罪にあってもいいのですか?」と。私が言いたいことは冤罪は許容しろってことじゃないですよ。
1.まずは「目的」を明確にし
2.その「手段」を皆で議論し
3.「弊害」をいかにしてなくすかをさらに議論する
がしかるべき手順だと思うのですが、いかがでしょうか?いきなり3.について語り出す方、多くないですか?もっと「目的」について議論されるべきだとは思いませんか?
「目的」「手段」について議論し尽くされた後で、「弊害」について語られることは誰も問題視しないと思います。あるべき議論だと思う人がほとんどだと思います。もう一度初めから考え直してみませんか?

最後に、これはネットの特性なのか日本人の特性なのかはわかりませんが、反対意見(ならまだましなのですが)や批判、下手をするとただの悪口みたいなものばかりが書き込まれ、賛成意見だったり、語弊があるかもしれませんが「面白みのない意見」「偽善だと言われそうな意見」ってあんまり書き込まれないですよね?私もあまり書き込みだったり、こういう「偽善だ」って言われそうな意見は発してきませんでした。でも、それによって、一部の心ない意見が男性意見の代表みたいに思われたりするのって嫌ですし、女性にとっても一部の男性の意見しか聞けないっていいことではないと思うようになりました。
「偽善」と思われてもいいじゃないか、と私が思うきっかけを与えてくれたブログの多面体さん、女性にとってデリケートな問題であるにも関わらず、私の質問に真摯に答えてくれた方々にこの場を借りてお礼を申し上げます。

※どんな意見でも拝聴するつもりではおりますが、テーマがテーマなため、読んだ方が不快感を覚えるような内容や、特定の個人を攻撃するような内容(対私は除きます)のコメントについては削除させていただく可能性がありますこと、ご了承ください。

参考:http://d.hatena.ne.jp/manysided/20090719

※07/20 追記 コメント欄から名前とメールアドレスの必須指定を外しました。ちゃんとした意見であれば、可能な限り全てのコメントに返信したいと思っています。節度を守った投稿をお願い致します。

Comments (27)